HAVE A NICE DAY!!!          ★はじめての方は、↓の<sasa-yo profile>を見て下さい。


by sasa-yo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スポーツメーカーと、チーム。

スポーツを観戦しているとき、ユニフォームのメーカーを見たことありますか?
特に、サッカーは、チームとメーカーのつながりが、安定してるチームと、していないチームがはっきりしています。
例をあげると、ユヴェントス(イタリアセリエAのクラブチーム)は、3~4年に1回づつ、メーカーが変わっている。ここ2年は、ナイキ。その前はLOTTO、カッパなど。
影には、スポンサー料のかけ引きが繰り広げられているのです。LOTTOからナイキへ変更した際も、うん十億というお金が動きました。
チームが強ければ、露出が多くなるため、必死にチームの獲得に動きます。さほど力の無いメーカーは、すぐにチームと契約解除します。それがビジネスなんですね。
e0026966_2143983.jpg

(写真:ユヴェントスがカッパ時代のプラティニbyTOYOTAカップ)

主要のサッカーチーム(クラブ&ナショナル)とメーカーをあげてみると・・・
ナイキ:インテル、バルセロナ、マンU、ブラジル、オランダ、アルゼンチン、韓国
アディダス:ACミラン、Rマドリード、アヤックス、日本、ドイツ、フランス
アンブロ:チェルシー、イングランド、スウェーデン
プーマ:イタリア
カッパ:トットナム
リーボック:リバプール、マンC
チャンピオン:パルマ
いま、 思い出せるのはこんなところですが、ここ数年は、ナイキのシェアがすごく高いです。選手個人のスポンサーも、ナイキが多いです。取れるものなら、いくらでもお金を積んできます。

ちょい昔は、F1とかのモータースポーツに多かったですが、最近は、各種スポーツでこんなことになっています。何かとお金がかかわってくるのです。

「金は天下のまわりもの」です。
[PR]
by sasa-yo | 2005-09-13 02:28 | SPORTS